1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 14:52:06.22 ID:x9Vt5p9q0.net
阿笠「ここで沢山の食品を作って売りまくって大儲けしようと思っての」

コナン「いや、まあ確かに人間と食は切り離せない重要な関係にあるけどよ」

コナン「食品を扱う会社なんて大量にあるんだぜ?」

コナン「相当美味いもん作らねえと売れずにすぐ潰れるぞ?」

阿笠「何、心配はない」

阿笠「ワシが開発・栽培したこのアガサハーブを使った食品はとても味が良くなるのじゃ」

阿笠「元太君もうまいうまいと言ってこの間からずっとワシの家でアガサハーブ食品を食い続けている。ずっとな」

コナン「へぇー、それなら期待できるかもな」

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 14:53:07.25 ID:KK1RafB00.net
麻薬かな?

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 14:54:41.27 ID:x9Vt5p9q0.net
蘭「どうお父さん? 今日の夕飯は新発売されてたアガサハーブ入りのハンバーグなんだけど……」

小五郎「あん? レトルトかよ……」

蘭「レトルトだけどすっごく美味しいって評判なのよ!」

小五郎「へぇー……どれどれ……」モグモグ

小五郎「お! こりゃすげぇうめえじゃねぇか!」

蘭「でしょう?」

小五郎「いやぁ最近のレトルトハンバーグはバカにできねぇな!」ガツガツ

蘭「コナン君にも阿笠博士の家のお泊りから帰って来たら食べさせてあげよっと」

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 14:56:29.50 ID:pF+wd7jI0.net
かまいたちの夜2でこんな話あったな・・・ずっと特定のものを食い続けるっていうやつ

109: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:17:36.45 ID:Oi7twwX00.net
>>6
幼虫のサナギだか卵だか

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 14:57:12.16 ID:ar4Q6qUt0.net
光彦が原料かと思ったけど違うのか

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 14:57:41.91 ID:x9Vt5p9q0.net
阿笠「ほっほっほ、阿笠食品の売り上げは順調に上がっておるのう」

コナン「すげぇな博士! 本当に大成功じゃねぇか!」

灰原「あら、何を騒いでるのかしら?」

コナン「いやぁちょっと博士が一儲けしてな」

灰原「一儲け? また何か妙な発明したんじゃないでしょうね?」

阿笠「心外じゃのう、ワシがいつ妙な発明をしたんじゃ」

灰原「割としてるじゃない」

コナン「確かに」

阿笠「そんな」



元太「うまい うまい アガサハーブ うまい」

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:00:23.33 ID:x9Vt5p9q0.net
灰原「ところで最近、地下室で小嶋君がずっと泊まってるみたいだけど」

灰原「あの子、帰らなくていいの?」

阿笠「ああ、ちょっと発明品に協力して貰っててのう」

阿笠「まあもう彼の協力はいらんな。ご両親には話を通しておいたが、そろそろ家に帰してやらんと」

灰原「そうね……あ、私ちょっとショッピングに出かけるから」

阿笠「うむ、ゆっくり楽しんでくるといい」

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:00:25.63 ID:MrJtmcyO0.net
光彦最低だな

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:01:30.85 ID:MARczc/N0.net
光彦ェ…

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:02:08.38 ID:RL7H4GJz0.net
博士は専門分野以外にも強いな

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:03:14.04 ID:x9Vt5p9q0.net
阿笠「元太くん? 入るぞ?」

 ギィ

元太「は 博士 もう メシ なくなっちまった」

阿笠「やれやれ、もう食い尽くしてしまったのか」

阿笠「どうじゃった? 美味かったかのう?」

元太「うまかった はやく もっと ハーブ くわせろ」

阿笠「それはできんよ。あのハーブを作るのにも金がいるしのう」

阿笠「君の協力はもういいんじゃ。さあ帰りなさい」

元太「や だ ハーブ くいたい」

阿笠「あー、わかったわかった。では家の外にあるからとっとと家から出て行くんじゃ」

元太「ハーブ! 家の 外 に ハーブ!」ダダダダダ

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:06:13.92 ID:x9Vt5p9q0.net
元太「違 う この草も ハーブ じゃない」モッシャモッシャ

子供「ママー、あの子公園の芝生とか雑草とか食べてるよー」

母親「しっ! 見ちゃいけません!」

元太「ハーブ……ハーブ……アガサハーブ……」

元太「あ ああ あ?」

元太「あ れ 目の前 なんか おかしい」

元太「ぐるぐる する きもち わるい」

元太「体 勝手 動く」

元太「脚 変 勝手 走る」

元太「道路」

 キキィィーッ!! ガッシャァアン!!

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:07:12.85 ID:9SwXPayY0.net
やっぱ光彦ゴミだわ

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:09:47.49 ID:fHOnYw/z0.net
何故コナンssはいつもこんなんなのか

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:10:02.00 ID:x9Vt5p9q0.net
高木「いやぁ、聞き込みしても中々集まりませんねえ、空き巣の犯人の情報って」

佐藤「目撃情報によれば、この辺りで怪しい人物が何度も目撃されてるんだけれどね……」

 キキィィーッ!! ガッシャァアン!!

佐藤「な、何!? 今の音は!?」

高木「あっちです!」


佐藤「警察です! 何かあったんですか!?」

通行人「こ、子供がトラックに撥ねられたんだ!」

高木「あ、あれは元太君!」

元太「あ……う……」

佐藤「高木君! すぐに救急車を!」

高木「は、はい!」

元太「ア アガ……」

佐藤「どうしたの!? 何か伝えたいことが!?」

元太「アガ サ……」

佐藤「え……阿笠?」

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:15:13.50 ID:x9Vt5p9q0.net
コナン「おいおい聞いたかよ博士! 元太の奴、ふらふらと道路に飛び出してトラックに撥ねられて死んじまったらしいぜ?」

阿笠「ほう。それは可哀想な話じゃな」

コナン「それだけじゃねーんだよ、何か町の住民が同じようにふらふらした感じになって」

コナン「高い所から転落したり交通事故に遭ったりする事件が急に多発したらしいぜ?」

阿笠「なんと。それは大変じゃな」

阿笠「そういえばあのアガサハーブには幻覚作用とか色々ヤバい作用がたまーに現れることがあったのう」

コナン「おいおい、大丈夫なのかよ博士」

コナン「もしアガサハーブが原因なら……警察がこの工場に来る可能性も……」

コナン「そしてあのハーブが危険物として押収されて博士や俺が逮捕ー、なんてことになったら……」

阿笠「大丈夫じゃよ新一」

阿笠「あのアガサハーブは接種した人間が死ぬと」

阿笠「体内に蓄積されたハーブ成分もすべて死滅してしまい、体内からハーブ成分は検出されなくなるんじゃ」

コナン「なんだ……なら安心だな」

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:20:06.09 ID:x9Vt5p9q0.net
高木「元太君……病院に搬送されましたが……残念なことに……」

佐藤「そう……」

高木「でも、何なんでしょう? 最近多いですよね、交通事故とか転落事故とか」

高木「目撃者の情報によると、みんな事故に遭う直前、ふらふらしたり急に走り出したり、みょうな動きをしていたらしいですし」

佐藤「……何か、被害者に幻覚作用とかを与える薬物が投与されてたのかしら」

高木「いや、それは無いと思いますよ」

高木「解剖の結果、被害者の体内から麻薬成分や、それに近い成分はまったく検出されませんでしたので」

佐藤「……そう……」

高木「まあ、どっかの犯罪者が、体内に証拠が残らない薬物を作ってたら、話は別でしょうけどね」

高木「そんなとんでもない薬物を作れる人なんていませんよ!」

佐藤「……そうね、もし作れるとしたら」

佐藤「普段から『博士』とか呼ばれてるかもしれないわね」

高木「博士ですか! ハハハ、まるでヒーロー番組の悪の組織の幹部みたいですね」

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:23:05.94 ID:x9Vt5p9q0.net
佐藤(元太君が最後に言い残した『アガサ』という言葉……)

佐藤(まさかとは思うけれど、あの阿笠博士が何か関係しているの?)

佐藤(あの発明家さんなら、特殊な薬物を作れるかもしれないけれど……)

佐藤(結局証拠は無いし……)

佐藤(……待って?)

佐藤(そういえばこの一連の事故の多発が起きるしばらく前から……)

佐藤(阿笠食品っていうレトルト食品が発売されるようになったわよね?)

佐藤(……もしかして、あの食品の中に……?)

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:26:32.11 ID:x9Vt5p9q0.net
コナン「でもよ、一般に発売されまくってる食品はどうするんだ?」

阿笠「ん?」

コナン「だから、スーパーとかに売ってる阿笠食品の商品だよ」

コナン「あれを調べられて、中のハーブに幻覚作用があるとわかったら……」

阿笠「ああ、それも心配ない」

阿笠「幻覚作用が発生するのは、胃酸と反応した場合のみじゃ」

阿笠「じゃから胃酸に反応する前、つまり食べる前の食品をいくら調べようと」

阿笠「アガサハーブはただ旨味を増強させるハーブでしかないんじゃよ」

阿笠「いやぁ幻覚作用があるとわかったときは実験失敗かと思ったが、これならそう簡単に証拠は出てこんよ」

コナン「なるほどなー」

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:30:37.90 ID:ywtU+hiQ0.net
すげえな

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:31:08.62 ID:x9Vt5p9q0.net
鑑識「うーん、妙な成分は検出されませんでしたね」

佐藤「そうですか……」

鑑識「確かに、この食品に『アガサハーブ入り』とか聞いたことないハーブが入ってますが」

鑑識「旨味成分が増すだけのただのハーブのようです」

佐藤「ありがとうございます」

鑑識「いえいえ、佐藤さんのお願いなら何でも聞きますよ」

佐藤「じゃあ、このことは内密にお願いね」

鑑識「はい」

佐藤(……食品に麻薬成分は無かった……)

佐藤(やっぱり私の考え過ぎ? 元太君はただ呻いてただけ?)

佐藤(……)

佐藤(違う。私の刑事の勘が言っている。阿笠博士はこの事件に何らかの形で関わっている)

佐藤(でも勘だけで警察全体は動かせないし……)

佐藤(……個人的に調べてみるしかなさそうね)

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:33:31.81 ID:x9Vt5p9q0.net
小五郎「おい蘭! 夕飯はまだか!」

蘭「ごめんお父さん、そのアガサハーブ入りのソーセージをおつまみにビールでも飲んでて!」

小五郎「バーロ、もう食い尽くしちまったよ!」

蘭「えーっ、もう?」

小五郎「なあ他にねーのか? アガサハーブ入りの食品はよぉぉぉぉぉ……」

蘭「人気商品だから中々手に入らないのよ……私ももっと欲しいわ、あのアガサハーブ……」

小五郎「ハーブ……ハーブ……」

蘭「ハーブ……ハーブ……」

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:38:45.32 ID:x9Vt5p9q0.net
阿笠「うーむ、どうも阿笠食品の売れ行きが凄すぎて生産が間に合ってないのう」

コナン「工場増やしたらどうだ?」

阿笠「バカもん、工場を増やそうと決めた翌日にすぐに完成するわけがなかろう」

阿笠「工場の完成など待っておれん。もっとすぐ素早く生産量を増やす必要があるんじゃ」

コナン「まあ……確かにそうだな」

阿笠「どうするべきか……む? そうじゃ!」

阿笠「ほとんど機械化して大量生産の形を取ってはいるが、どうしても人間が仕事をせねばならん場所もある」

阿笠「そこに人員を募集しよう!」

コナン「え、でもちょっと人が増えたぐらいで生産量上がるか?」

阿笠「フフフ、まあ見ておれ……」

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:43:13.19 ID:x9Vt5p9q0.net
 ~ 阿笠食品工場 従業員募集 ~

  従業員の方には昼食に阿笠食品の料理を無料で支給します!

  1日業務体験も募集中! 自信の無い方、未経験の方はこちらからどうぞ!

  もちろん業務体験の方にも阿笠食品の昼食・お給料を支給します!

  ※女性限定※


佐藤「……阿笠食品工場の従業員募集か……」

佐藤「……偽名で参加して、工場の中を見学してみる価値はありそうね……」

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:48:44.30 ID:RL7H4GJz0.net
珍しく光彦が平穏な人生

46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:48:53.39 ID:x9Vt5p9q0.net
 数日後

 ガヤガヤ ザワザワ

阿笠「ほっほっほ、見ろ新一! 大量に従業員が集まったではないか!」

コナン「すげーな、やっぱり昼食に阿笠食品を出すってのが効いたな」

阿笠「うむ、どうせ昼食が目的じゃ、最低賃金でも大喜びで働いてくれるじゃろう」

コナン「それにしても何で女性限定なんだ? 力仕事とかなら男の方がいいだろ」

阿笠「いや男が汗かいて仕事してる所見るより女性が仕事しておる方が見てて楽しいじゃろ」

コナン「確かに」

阿笠「ついでにこれから面接で可愛い子だけ残すとするかのう」

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:55:18.65 ID:x9Vt5p9q0.net
 数時間後

阿笠「ふーっ、疲れたわい」

コナン「疲れたっつってもモニター越しに面接の様子見て可愛い子だけ選んでただけじゃねえか」

コナン「集まった奴らのうち結構な量消えたぞ。生産量増やす目的大丈夫なのか」

阿笠「まあこんだけ残れば大丈夫じゃ。元々いた従業員の5倍はいるからのう」

コナン「ん……それもそうか」

阿笠「それより気になるのがな」

コナン「あん?」

阿笠「どう見ても佐藤刑事にしか見えない人がおったんじゃ」

コナン「ああ、この履歴書には田中花子って名前の人だな。俺も証明写真で似てると思ってた」

阿笠「化粧と眼鏡による変装……それとおそらくこの髪はカツラじゃろう」

コナン「……潜入捜査か?」

阿笠「さあのう。別に落としても良かったんじゃが……あえて残した」

コナン「え? 何で?」

阿笠「ほっほっほ」

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:57:09.25 ID:MrJtmcyO0.net
素晴らしい

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:57:49.51 ID:iFON+ox40.net
さすが博士

52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 15:59:55.83 ID:x9Vt5p9q0.net
 数日後

佐藤(警察の仕事もあるから、非番の日を指定して1日業務体験のコースを選んだけれど……)

佐藤(業務体験を1日やっただけでどこまで調べられるかしら……)

従業員「こんにちは、1日業務体験の田中さんですね?」

佐藤「え、ええ」

従業員「お待ちしておりました、こちらへどうぞ」

佐藤「はい……」

佐藤(いいえ、どこまで調べられるか、じゃない)

佐藤(必ずこの工場の正体を暴いて見せる……!)

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:03:03.00 ID:x9Vt5p9q0.net
従業員「業務体験ですので、説明を交えながらですが、他の従業員の方と同じ業務を行っていただきます」

佐藤「はい」

従業員「まずは、作業服に着替えていただくのですが」

従業員「その前に、他の従業員の方と一緒に全身の消毒を行っていただきます」

佐藤「全身?」

従業員「ええ、こちらのシャワールームでシャワーを浴び、しっかり体の汚れを洗い流していただきます」

佐藤「そ、そこまでするんですか?」

従業員「ええ、阿笠食品の工場では清潔が第一ですので」

佐藤「はあ……」

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:06:35.50 ID:MmsImYdY0.net
おもしろい

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:07:19.41 ID:+yq+6c210.net
俺のJr.が嘶きおってな

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:08:41.36 ID:x9Vt5p9q0.net
 ザァァァァァ

佐藤(他の従業員と一緒とは言っても、シャワーはそれぞれ個室の中にあるから)

佐藤(変装用のカツラがバレる心配は無いわね……)

 ガチャ

佐藤(あら、また誰か追加で従業員?)

従業員「えー、ではこれより、腸内洗浄を行います」

佐藤(えっ!?)

従業員「浣腸液を注入し、腸内の便をすべて出すところを」

従業員「しっかり確認させていただきます」

佐藤(な、何それ!?)

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:10:12.83 ID:4DWvjzhb0.net
阿笠博士は麻酔銃を作っている→麻酔を生成できる→材料の調達ルートを持っている→ヤバイ連中と関わりがある
=阿笠博士はヤバイ

63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:10:36.19 ID:+yq+6c210.net
スカトロ展開かよ

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:11:05.00 ID:vI4Mz0Ox0.net
スカトロきたか

65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:12:00.10 ID:x9Vt5p9q0.net
授業員「では端の個室から一人ずつ失礼します」

佐藤(ど、どうしよう……と、とにかくカツラをちゃんとつけて……)

 ブブッ ブリブリブリ ブチュッ

佐藤(っ! ほ、本当に排便してる!?)

佐藤(あの声からすると排便を確認してるのは男の人よね!?)

佐藤(ほ、他の従業員の女の子は何とも思ってないの!?)

 ブリブリブリ ブブッ ブポッ

佐藤(も、もう隣に……)

従業員「はーい、では田中さん失礼しまーす」

佐藤「!」

 キィ

68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:14:42.26 ID:x9Vt5p9q0.net
佐藤「きゃっ、ちょ、ちょっと!」

従業員「どうしました?」

佐藤「だ、だって……いきなりこんなこと……」

授業員「ああ、田中さんは今日が初めてで業務体験なんでしたね」

従業員「すみません、これも業務の一環なんで」

従業員「病院で検査しているつもりで一発お願いします」

佐藤「そ、そんな無茶な……」

従業員「はいはい、時間も無いので早くお尻突き出してください」

佐藤「う……」

 くいっ

従業員「はーいじゃあ浣腸液入れていきますねー」

 じゅぶぶぶぶぶ

佐藤「う、あ、かふぅっ……!」

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:15:08.60 ID:kVZvSxqY0.net
佐藤さんで俺の息子ガッ!

71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:15:51.92 ID:RL7H4GJz0.net
警察官って大変だなー

74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:17:35.92 ID:x9Vt5p9q0.net
 ゴロゴロゴログルルゥ

佐藤(う、ぁ、な、何この強烈な便意っ……!)

従業員「ではこのビニール袋を張ったバケツの中にお願いしますねー」

佐藤「こ、こんなのの中に!?」

従業員「ええ、一応検便も兼ねているので、排泄した便は全部回収しているんです」

佐藤「で、でも、バケツになんて……うっ」

 グギュルルルゥ

佐藤「あ、ぐぅっ……」

従業員「抵抗あるかもしれませんが慣れればなんともないですよー、さあどうぞー」

佐藤「あ、や、あ……」

佐藤(も、もうダメ……)

 ブリブリブリブブーッ

76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:22:45.94 ID:x9Vt5p9q0.net
従業員「うわぁ、たくさん出ましたねぇ。臭いもすごいですよ」

佐藤「あ……ぅぁ……」

従業員「じゃあお尻の穴しっかり洗っておいてくださいねー」

従業員「全員分終わるまでそのままシャワー室にいてください」

佐藤「……」



従業員「はーい、全員分の腸内洗浄と便の回収が終わりました」

佐藤(よ、ようやく工場の中に……)

従業員「では次に陰部のチェックに入ります」

佐藤「!?」

78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:26:28.11 ID:x9Vt5p9q0.net
従業員「シャワールームの出口に私がいますので」

従業員「シャワールームから出ると同時に私に陰部をしっかり広げて見せてください」

従業員「洗い足りない方はもう一度洗ってもらいます」

佐藤(な、何よそれ!? ここを見せろって……嘘でしょ!?)

蘭「お願いします!」

従業員「はーい、毛利蘭さんはいつも綺麗ですねー」

蘭「ありがとうございます!」

従業員「さあ順番にどんどん出てきてくださーい」

79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:28:16.66 ID:DNHWcoW60.net
角のチェックもしろよ

80: ―{}@{}@{}- 2014/07/05(土) 16:28:56.89 ID:0dygpytX0.net
蘭wwwwwww

81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:29:07.92 ID:RL7H4GJz0.net
蘭は警備員でもやったほうがいいんじゃないのか

84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:32:17.30 ID:x9Vt5p9q0.net
佐藤(ど、どうしてみんな何の疑問も抱かずにこんな……)

従業員「どうしたんですかー? 次田中さんですよー」

佐藤「は、はい!」

佐藤(と、とにかくやるしかないわ!)

佐藤「……」

従業員「はい、しっかり陰部を広げてこちらに見せてください」

佐藤「は、はい……」

 ぐぐっ

佐藤「お……お願いします……」

従業員「うーん、ちょっと洗い足りてませんね」

佐藤「えっ」

従業員「それにさっき腸内洗浄のときも思ったんですが、ちょっと毛が多いんですよね」

従業員「後で剃らせてもらいますので、そこでそのまま洗いましょう」

佐藤「えっ、ちょっ」

従業員「じゃあ田中さんはそこで待機しててください。次の方ー」

85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:33:56.76 ID:b1GkLbr70.net
この時点でアウトじゃねえか

86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:35:47.92 ID:ePRwiFhX0.net
ちょっと参考画像ありません?

87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:36:12.58 ID:x9Vt5p9q0.net
佐藤(……私だけ残された)

従業員「すみませんねー、本当はこの後作業服に着替えてもらうんですが、田中さんは別室に行ってもらいます」

従業員「そちらで陰部の毛の処理と再洗浄行います」

佐藤「……はい。でも、あの」

佐藤「こういうのって女性従業員がやるんじゃ……」

従業員「私もそう思うんですけどねー、女性の従業員はみんなこの間集まった新規の人ばっかりなんで、とりあえず先に工場での仕事を覚えて貰ってるんですよ」

従業員「ですのでこういった仕事に男が回されるんです。すみませんねー」

佐藤「そ、そうですか……」

従業員「ではこちらにどうぞー」

89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:40:38.57 ID:x9Vt5p9q0.net
佐藤(どうしよう……早く工場の中を調べたいのに……まさかこんな所で時間を食うなんて……)

従業員「こちらの部屋の、あの椅子に座ってください」

佐藤「こ、こうですか?」

従業員「そうです、そしてこのスイッチを押すとですね」

 ガション

佐藤「えっ?」

従業員「手足及び体が固定されます」

佐藤「ちょ、ちょっと何よこれ!?」

従業員「そして脚を固定しているパーツを動かすと、このように脚を開くことができますので」

従業員「この状態で毛の処理と陰部洗浄を行います」

佐藤「ま、待って! そのくらい自分で……」

従業員「田中さんが御自分で洗浄した結果、洗い足りてませんので、こちらで正しくしっかり洗浄させていただきます」

従業員「毛の処理も田中さんでは見えずらい部分の毛もあるでしょうし、こちらでちゃんと処理させていただきます」

佐藤「で、でもこんな体を固定しなくても……」

従業員「念のためです。何しろ陰部に毛の処理用の刃物を近付けますので、しっかり体を固定しないと」

91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:45:29.08 ID:+yq+6c210.net
いいねー

92: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:46:19.24 ID:Kjadd60r0.net
この男やり慣れすぎだろwwww

93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:47:24.56 ID:x9Vt5p9q0.net
従業員「ではここから先は別の者が処理と洗浄を行いますので」

従業員「失礼します」

佐藤「え、ちょ、ちょっと……」

 ガチャ

従業員「工場長ー、佐藤さん準備できましたよー」

 バタン

佐藤「……」

佐藤「今……佐藤って言った……?」

96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:51:37.98 ID:x9Vt5p9q0.net
 ガチャ

佐藤「!」

阿笠「いやぁ、お待たせしましたねぇ、ええと……田中さん、でしたかな?」

佐藤(あ……阿笠博士!?)

阿笠「おや? 以前私とどこかでお会いしましたかな?」

佐藤「い、いえ……気のせいじゃないでしょうか」

佐藤(さっきのは聞き違い……? いえ、そんなことよりも)

佐藤(やっぱりこの工場に阿笠博士がいた……それに工場長って呼ばれて出てきたってことは阿笠博士が工場長……)

佐藤(阿笠博士ならやはり特殊な薬物を作れる? そしてそれを食品に混ぜている?)

佐藤(とにかく、この毛の処理とか陰部洗浄とかを切り抜けてなんとか工場を調べないと……)

阿笠「では毛の処理から行いますかな」

佐藤「は、はい……」

97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 16:57:03.13 ID:x9Vt5p9q0.net
阿笠「まずは長めの部分をハサミで切り、その後シェービングクリームを使いカミソリでつるつるにさせてもらいます」

佐藤「え……ぜ、全部剃るんですか!?」

阿笠「それが一番清潔なのでのう」

佐藤(く……た、耐えるのよ! この状況を耐えて切り抜けて工場の中を……)

阿笠「では切らせていただきますぞ」

 チョキチョキ

阿笠「いやぁしかしこんなに男の人に間近で股間を見つめられ」

阿笠「さらに毛の処理までされるなんて滅多にない経験でしょうなぁwwwwwwwww」

佐藤「っ……」

阿笠「いや、気分を害したなら失礼wwwwwwwwwwwwwwww」

101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:04:48.19 ID:x9Vt5p9q0.net
 ショリショリショリ

阿笠「ほっほっほ、綺麗な股間になりましたのうwwwwwwww」

佐藤(や、やっと終わった……でもあと洗浄が……)

阿笠「では次に洗浄ですなwwwww」

阿笠「この特殊な洗剤を手に付けて……」

 ヌチャァ

佐藤「んっ!?」

阿笠「しっかりと陰部をwwwwwwww」ヌッチャヌッチャヌッチャ

佐藤「んっ……くっ、あっ、ふっ……」

佐藤(こ、この洗剤……何か、変な……っ!?)

105: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:11:04.77 ID:x9Vt5p9q0.net
阿笠「ほれほれ、しっかり膣の中も洗わんとのうwwwwww」

 ぐっちょぐっちょ

佐藤「やっ、あ、くぁっ……」

佐藤(な、何この洗剤……どう考えても洗剤じゃない……別の、何か……)

阿笠「この辺りで陰核をキュッとすると」

佐藤「ッ!」ビクッ

佐藤「あ、あ、あぁあ――ッ!!」ビクビクッ

107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:12:43.29 ID:x9Vt5p9q0.net
阿笠「ほっほっほwwwwww見事にイってしまったのうwwwwwwww」

佐藤「は……ぁ……っ……」

佐藤(何、これ……まるで、性器だけ感覚が敏感になったような……)

阿笠「気にいってくれたかのう」

阿笠「このアガサハーブver2入りの洗剤は」



阿笠「のう、佐藤刑事」

佐藤「!?」

108: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:16:09.37 ID:x9Vt5p9q0.net
佐藤「ま、さか……」

阿笠「あの程度の変装でワシを欺こうなどと100年早いわいwwwwwwwwwwww」

阿笠「おそらくワシの工場のハーブを不審に思って調べようとしたんじゃろうなwwwwwww」

阿笠「じゃが君の服には盗聴器もないし、他の刑事がこの辺りにいるわけでもない」

阿笠「そしてコナン君経由で高木刑事に連絡を取ってみれば今日は佐藤刑事は非番の日」

阿笠「となれば単独行動で独自に調べに来たんじゃろうなwwwwwww」

佐藤「く……」

阿笠「フフフ……まあ安心せい、悪いようには扱わんよ」

阿笠「今日からたっぷり……ここで『お仕事』をしてもらうだけじゃ」

110: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:17:54.10 ID:x9Vt5p9q0.net
阿笠「よっこらせっと」ボロン

佐藤「っ!」

阿笠「ああ……パイパンつるつるの佐藤刑事のおまんこにワシのおちんちんをぶち込める日が来るとはのうwwwwww」

佐藤「い、嫌……」

阿笠「嫌? 本当に嫌なのかのう?」

阿笠「そろそろ体の奥にまでハーブが効いてきた頃じゃぞ」

佐藤「え?」

 ゾクッ

佐藤「ぁ」



佐藤「あ、ああああああ!?」ビクビクッ

111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:19:22.37 ID:x9Vt5p9q0.net
佐藤(な、何もしてないのに体に快感が走っ……!?)

阿笠「ほっほっほ、アガサハーブver2の実験は成功じゃな」

阿笠「ではこの状態で挿入したらどうなるのかのう」

佐藤「や、やめ――」

阿笠「ソイヤッ!」

 ずぷん

佐藤「お゛っ」



佐藤「あひぃぃぃぇぇええええええ」ガクガクガクブシャァァア

112: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:19:34.59 ID:MrJtmcyO0.net
クリムゾンを思い出す

118: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:28:42.97 ID:x9Vt5p9q0.net
阿笠「ほっほっほ、すごい締め付けじゃわい、気持ちいいぞぉ佐藤刑事!」

 ずっこんばっこん

佐藤「あ、あああっ! やっ、あたまおかしくなりゅうううううぅぅぅううう!!」

阿笠「なってしまえば良いではないかwwwwwwwワシはハーブの抗体を打っておるから影響を受けんがのうwwwwwwwww」ズコズコ

佐藤「しゅごいいいいいいいイくぅぅぅぅうううううううイってるのにイくぅぅぅうううううう!」

阿笠「ほれほれたっぷり中出しも決めてやるぞおおおぉぉおおおおおお」ズポズポ

 ドビュルビュビュビューッ!!

佐藤「んほぉぉぉおおおおおお」ガクガクビクビクガクンッ

120: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:31:11.75 ID:BZbyutlo0.net
光彦は多分天然でハーブの抗体持ってる脅威と成り得るキャラ

121: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:32:27.24 ID:x9Vt5p9q0.net
阿笠「ふーっ、いい汗かいたわい」

阿笠「やはり薬キメセックスは最高じゃわいwwwwwwwwwwww」

コナン「おーい、博士、終わったかー?」

阿笠「おお、丁度今済んだところじゃ」

コナン「うっわ、とんでもねえアヘ顔晒してんな佐藤刑事」

阿笠「使うか?」

コナン「いやぁ俺はいいわ。正直この顔は引く」

阿笠「そうか……まあ君が使わんでもこのまま男性従業員用の肉便器になるのは決まっておったがのう」

阿笠「使い飽きたらハンバーグの材料にでもしてやるわいwwwwwwwwwww」

 おわり

122: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:33:31.32 ID:rq0hkyVQ0.net
え?

123: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:34:01.91 ID:MrJtmcyO0.net
おいwwww

126: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:35:13.99 ID:3DDptsDr0.net
光彦無しかよ

133: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:55:41.03 ID:E9brPMj90.net
>>126
光彦はハンバーグの材料になったあとなんだろ

130: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:48:37.84 ID:081MyWuu0.net
なんのために腸内洗浄したんだ・・・

131: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:50:00.84 ID:equUcLAG0.net
>>130
そりゃおまえ、趣味だよ

132: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/05(土) 17:50:28.23 ID:tvI0T9gB0.net
>>130
そういうプレイなんだよ言わせんな恥ずかしい



ピックアップ記事

出会い系歴10年以上たったけど質問ある?

[ペニス 増大]ちんこを+1~2cm太くする方法あるけど知りたい?

[卒業]童貞だったけどネットで会った女とセ○ロスしたったwww

女「授業中だけど… 安価で行動します」コソコソ

[完結]彼女にイカサマ麻雀師って嘘付いたら大変なことになった・・・


香水買おうと思うんだが

イ カ れ た メ ン バ ー 紹 介 す る ぜ !


芝を生やせばどんな言葉でも明るく聞こえると発見wwwwww

XVIDEOSの捗る検索ワード[英単語]

[完結]変態の俺が助けた女の子に惚れられてしまった


18歳女子と出会える方法


5万以下でマジで買って良かったと思うものあげてけ

【ヒトカラ】一人カラオケが趣味の奴集合~!

ニートだったけど実家再建した

にわか心理学使って異性くどいてみないか?

毎回同じやり方をするだけで、飛躍的にゲット率があがる!かわいい女の子と即日エッチする方法

人生を変えてくれた恩師の話をきいてくれ


90日でブサイクがかわいい女を落とす方法